太陽電池(ソーラーパネル)太陽光発電、風力発電機、風速計、インバーター、充電器、バッテリー、燃料電池キットなど自然エネルギー関連機器を取りそろえております。

 

 Top >> 燃料電池キット・リスト >> チュートリアル・ハイランナーセット


 KFC-03 チュートリアル・ハイランナー セット

 


  • 「TUTORIAL HyRunner」(チュートリアル・ハイランナー) は、キット部品を実験者自身が組み合わせることで、3通りの走行が可能な、エコ・カー教材セットです。
     
  • 「太陽電池」「水の電気分解」「燃料電池」の3つのテクノロジーと、それぞれを組み合わせた『循環型エネルギー』が、エコ・カーの走行を楽しみながら学ぶことができます。
     
  • 3種類の実験
    付属の取扱説明書にしたがって、パーツをユーザーが組み合わせることで、太陽電池車・燃料電池車として3通りの移動体システムとしての走行を実現。

    [ 可能な実験一覧 ] 
     
  • セッティングから配線・配管、実験までのすべてをユーザーがおこなうことにより、興味が沸き、理解もより深まります。
     
  • 燃料電池を作動させるときに必要となる水素(および酸素)は、太陽電池(もしくは乾電池、ACアダプター)の電力により、電気分解機(可逆性PEM型燃料電池)で水の電気分解によって生成。自然エネルギーで水から水素を生成し、その水素を用いて電力を取り出す、まさにゼロ・エミッション(廃棄物ゼロ)、究極の循環型エネルギー・エコカー教材です。
     
  • エデュケーションテキスト「燃料電池からはじまる水素社会」(A4版 32ページ)が付属します。燃料電池、水素エネルギーの学習用教科書としてご活用ください。
仕 様
可逆性燃料電池 電極面積 5cm2
電気分解機出力 1.16W
燃料電池出力 500mW (H2/O2) 150mW (H2/Air)
水素/酸素貯蔵量 H2: 30cm3/O2: 30cm3
太陽電池出力 1.2W (2.0V/600mA)
バッテリーボックス 4.5VDC/0.8A
ACアダプター 1.2A
モーター負荷 150mW
走行時間 8分 (H2/O2) 14分 (H2/Air)
サイズ 115(W)×260(L)×100(H) mm
重さ 651g

  • 燃料電池機器を動作させるためには、蒸留水が必要です
    蒸留水の入手に関してはお近くの薬局・薬店にご相談ください。
  • 太陽電池とともに、ACアダプターが付属していますので、屋内でのデモンストレーションも可能です。
  
型 式
KFC-03
名 称 チュートリアル・ハイランナーセット
税抜・価格
85,000円
ご購入申込み

数量:


Top >> 燃料電池キット・リスト >> チュートリアル・スチューデントセット

<お問い合わせ先>

安川商事株式会社
〒350−02 埼玉県坂戸市日の出町6−15
Tel.049−281−1551  
Fax.049−281−1552
E-mail / natural@sainet.or.jp